仕事の基礎について教える

新人教育は会社にとって大切な仕事の一つ

新人教育は会社にとってとても大切な仕事の一つです。人材という言葉があるように、会社は人がいなければ機能しません。入社したばかりの新入社員をどう育てるかによって、これからの会社の成長が左右されるといっても過言ではないのです。新入社員は、たとえ中途採用であっても、その会社のことを何もわからず入ってきていますから、教える、育てる必要があるのです。その会社がどんな会社であるか、今現在どのような状況であるか、これから先どのような方向に向かっていこうとしているのか、などを教えることにより新入社員はその会社で働く心構えができてくるに違いありません。それにより、その社員のこれからの会社への貢献度も高くなっていくことになるでしょう。

社会人一年生に対する教育はその人の一生を決定づけるもの

学校を卒業したばかりの新入社員は、社会人としての常識から、仕事の基礎まで教えていく必要があります。そんな新入社員に対して行われるのが、新人研修です。新入社員を一つの場所に集め、ある一定の期間、集中的に教え込みます。あいさつの仕方や、名刺の渡し方、掃除の仕方、スケジュール管理の仕方にいたるまで、徹底的に教え込みます。その研修が終われば、それぞれの部署に配属され、仕事の基礎を教わっていくことになります。この期間は、三ヶ月から六ヶ月に及びます。しかし、この期間が会社だけではなく、その新入社員にとってもこれから先の人生を決定づけるものになります。ここで学んだことは、これから先の社会人生活の中の基礎となっていくからです。