研修担当者の育成に力を入れる

担当者次第で研修の効果が変わる

社員研修を実施すれば仕事で活かせる知識やスキルを身に付けられるため、会社に利益をもたらすことになります。新入社員には積極的に参加してもらうべきですが、既存の社員や中途採用の社員にも参加してもらった方が会社の力を強くできます。開催するからには、質の高い社員研修を実施できるようにすることが大事です。そこで、重要な存在なのが社員研修の担当者の質です。講師役の選定やテーマの設定、参加者の決定など社員研修の企画や運営を行う担当者の質によって、効果が変化します。つまり、価値のある社員研修を実施したいのであれば、担当者の育成に力を入れましょう。すると、毎回質の高い研修を開催できるようになり、会社の成長に貢献してくれる社員を増やせます。

色々な部署で業務を経験してもらう

社員研修の企画や運営を行う担当者の質を高めるには、様々な業務を経験してもらうことがポイントです。特定の業務しか経験していないよりは、色々な部署にて業務を経験している方が価値のある研修を企画しやすくなるからです。そのため、社員研修の担当者は新人ではなく、中堅やベテラン社員から選ぶことをおすすめします。また、現場をよく知っている人材を担当者に抜擢しましょう。現場での業務や実状を知らない人に比べ、実際に業務を経験している人の方が最適な内容の社員研修を開催できます。さらに、現場をよく知っている人材を担当者にすると、講師役を担当してもらうことも可能です。外部の講師を利用せずに済むなら、費用を抑えられるメリットがあります。